溶接加工

溶接加工について

溶接とは「原子間の結合により、 2つ以上の物体を局地的に原子間結合させる方法」と定義されており、その方法は大まかに融接、圧接、 ろう接の3つに大別されます。
大三鋼機ではこのうち融接に属する3種の溶接方法に対応しています。

半自動溶接

大三鋼機では、材料が自動供給され、電気のアーク放電を利用し、同じ金属同士をつなげる半自動アーク溶接の技術にも自信があります。電気溶接とも呼ばれる溶接方法ですが、溶接の代表格ともいえます。さらに溶接棒といわれる、針金のような材料を溶かして接合するCO2溶接にも対応。接合部分は盛り上がり(肉盛り)、溶接後サンダーやグラインダーで平坦にするため、仕上がりもきれいです。

TIG溶接

アーク溶接の一種です。融点の非常に高いタングステン棒(Tungusten:金属元素の一つ。融点は摂氏3,400度ほど)からアークを出し、その熱で母材を溶かす。半自動溶接と同じようにシールドガスを用います。溶加材を足すことも可能で精密板金の溶接に向いています。しかし溶着金属を付加するために左手で溶接棒を添加しなければならないため熟練技術が必要とされます。

スポット溶接

スチール家具においては最もよく使用される溶接方法です。上下のくちがねと呼ばれる部分に2枚の板を挟み込み、圧力をかけることによって接合させます。接合部は“点”状になります。

大三鋼機へ依頼するメリット

高い技術力と豊富なノウハウにより、
薄物から厚物、大物、一品物までご対応!

  • 大物製缶も薄物溶接も対応可能!
  • 鉄・SUS・アルミなど各種金属材対応可能!
  • スピーディーな自社加工により、短納期対応を実現!

加工事例

  • 成果物サンプル

    酸洗、t2.3×400×250×Φ200

  • 成果物サンプル

    SUS304、t1.2×Φ77×90

  • 成果物サンプル

    酸洗、t3.2×1300×900×960