その他金属加工

各機械加工などもご対応!お気軽にご相談ください!

昭和23年に創業した大三鋼機株式会社では、レーザー加工や曲げ加工、穴あけ加工だけでなく、フライス加工・旋盤加工も可能です。高品質な加工を施しますので、お気軽にご依頼ください。

フライス加工

フライス加工

フライス加工は、旋盤加工とは逆に、材料をバイスなどによって固定し、エンドミルと呼ばれる刃物などを回転させて削る加工方法です。フライス加工は平面度、平行度、直角度、寸法公差等について最少数十ミクロン単位まで精度を追い込むことができるのが大きな強みです。
旋盤加工の後にフライス加工を行うなど、複合的に活用いたします。

旋盤加工

旋盤加工

被工作物を回転させ、工具刃物を当てて削る加工を旋削加工と呼びます。旋盤加工は旋削加工の代表的なもので、主に丸棒を材料とし加工を行います。
旋盤にはいくつかの種類があり、一般的に“旋盤”と呼ぶと普通旋盤のことを指します。普通旋盤を小型にし、作業台の上に据え付けて使用するものを「卓上旋盤(ベンチレース)」、主軸が上を向いた「立旋盤」、主軸が正面を向いた「正面旋盤」、タレット式の刃物台を持っている「タレット旋盤」などがあります。

型鋼加工

条鋼(LアングルやH鋼、角パイプ)のカット・穴開け・切り欠きや、3Dレーザー加工機を用いた複雑な加工など、他社に断られた場合でも大三鋼機へご相談ください。
難易度の高い加工でも精細な仕上がりをお約束します。